REIRO_Interpretation of the year 2376 A.D.

リレーションシップ・エンバーミング

12% of sales will go to creator as royalties
影。物理的な存在である我々人類及び生命体や無機物には当たり前の現象であるが、MCシリーズにとっては勝手が異なる。 陰(shade)は有るが、影(shadow)はほとんど観測されていない。 それもそのはず、ある程度親密な存在と居る時に影を落とすからである。 MCシリーズのエネルギーは可視光も含めて全方向に収束と拡散を繰り返している。そのため彼らは環境よりも眩しかったり暗かったりする。 この状態は影にも影響を及ぼし、大抵は白い霞がかった感じになるか黒いもやもやになるかであり、シルエットにならない。 影が綺麗にシルエット化するには? ここで親密な存在が鍵になる。 言語やコミュニケートのためのエネルギーだけを対話者に飛ばし、それ以外は無害な方向、つまり後方に集約させるように誘導する。 より密なコミュニケートを望めば望むほど、その行動は顕著になる。 結果として影が横方向のみだがくっきりとする。 影がもやもやだったりくっきりしたり、それが何なんだ?だからどうしたと思われるかもしれない。 しかしこれはMCシリーズ全員に共通している問題を顕在化させるものだ。 数百年前、MCシリーズと人類の関係が最悪だった時期がある。2100年ごろ、第三次世界大戦が終わったあたりのことだ。 その頃はMCシリーズは15人ほどしかおらず、全員が自分たちの特異性について理解していなくてたくさんの人々を傷つけ、闇落ちしてしまった。 しかし、仲が良かった一組のMCシリーズがお互いを支え合った結果シルエットを発現し、闇落ちからの復帰に成功。 以後、MCシリーズ教育プログラムに「影とコミュニケート深度による精神衛生面への相関」、一般には 「リレーションシップ・エンバーミング」と呼ばれる基本思想は後のMCシリーズの育成に深く根付くこととなった。 先人たちの傷があり現在のMCシリーズと人類の関係は回復している。 しかし、人類とMCシリーズは今も根本的に違うものだ。 私たちはこれからもこの関係を維持していかなけれがいけない。 それは今も昔も、これからも変わらない。 撮影地: Shattered (VRChat https://vrchat.com/home/world/wrld_feaa5856-caee-434f-b321-363a7200b6c6 (vrchatへのログインが必要) ) ■1. 著作権を譲渡しない ・ 購入者は本NFTの所有権を取得しますが、著作権や商標権その他の知的財産権は譲渡されず、発行者(作品を創作した正当な権利保有者)が引き続き保有いたします。(著作権の譲渡についてはNFTのメタデータに記載しております。) ■2. 商用利用 (商用利用禁止) ・ 本NFTの一部または全ての画像や動画、音楽等を下記目的で利用又は提供することは、知的財産権の侵害に当たり、禁止されます。   1、家庭内での利用の範囲を越えて他人に提供すること   2、(グッズ等に用いることを含め)商用目的で利用すること   3、 本NFTに含まれる画像や動画、音楽等を改変や加工して利用すること ・ nanakusaが提携している事業者が提供するコンテンツ(ゲームやメタバース)での本NFTの利用は行っていただけます。 ・ 本NFTの購入・売買に関連し購入者又は、転得者、その他第三者が損害を被った場合、その損害発生の原因が如何なるものであっても、発行者は何らの法的責任も負わないものとします。 ■3. NFT本ファイルのダウンロードについて (ダウンロード禁止) ・ 本NFTの本ファイルをローカル上のパソコンや、その他記憶デバイス等へダウンロードし保存することを禁止します。 ■4. 制作者の作品紹介などの許諾 ・ 購入者は本NFTの所有権を取得しますが、著作権を保持する制作者はその制作活動において作品の展示やポートフォリオなどで作品を紹介することを許諾するものとします。 ■5. 実物の制作物の所有権 ・ 購入者は本NFTの所有権を取得しますが、実物の制作物がある場合に、当該実物の制作物の所有権は有さないものとします。
100 MATIC
¥ 21,753

12% of sales go to creators as royalties
Transaction history